腸の健康.net

小腸・大腸・胃についてのブログ

*

スキルス性胃がんの症状と腰痛の関係性!腰が痛いと胃がんの可能性大?

   

《注目記事》自宅で簡単にがん検査が出来る方法


スポンサーリンク

スキルス性胃がんは、初期症状が非常に分かりづらいとされます。内視鏡検査でも、初期症状が確認されにくいのが、実情です。スキルス性胃がんの人には、腰痛を訴えるケースがあります。どのような段階で、腰痛を感じるのでしょうか?

igan

スキルス性胃がんの腰痛!尿管結石を疑わせる痛み

スキルス性胃がんの人で、腰痛を訴えるのは、2つのケースがあります。1つは、すでにスキルス性胃がんと診断されているケース。もう1つは、胃がんと診断されていないケースです。

スキルス性胃がんとの診断が下っている場合は、体調の変化を胃がんと関連させて理解しますが、胃がんと診断されずにいるケースもあります。

スキルス性胃がんは、初期症状が分かりづらいためです。腰痛は、場所的にも、痛みの激しさにしても、尿管結石を疑わせる痛み方です。歩けないほどの痛みを感じます。

→スキルス性胃がん!初期症状から末期症状までの特徴は?

腰痛は腰の骨に転移した結果!病的な骨折につながるケースが少なくない

スキルス性胃がんで腰痛を感じるのは、胃がんが腰の骨に転移した結果です。スキルス性胃がんの転移で多いのは、腹膜や肝臓ですが、骨に転移するケースもあります。

骨への転移が発見されるきっかけは、多くの場合、腰痛です。幼稚園児を抱き上げて、腰に激痛が走り、整形外科に行ったところ、骨折していることが分かったというケースもあります。

病的な骨折では、全身をCTで撮って検査します。その結果、全身の骨にスキルス性胃がんが転移していると、判明することがあります。

スポンサーリンク

→スキルス胃がんの原因・余命・転移!ステージ4だと助からない?

腰の骨への転移はステージ4!治療法は?

スキルス性胃がんは、初期症状が分かりづらい病気です。多くは、胃壁全体が硬くなって、スキルス性胃がんと判明します。腹膜への転移をきっかけに、スキルス性胃がんが分かることも、少なくありません。

また、腰痛がきっかけで、スキルス性胃がんが判明することも、稀ではありません。腰の骨に転移した結果、腰痛に悩まされる状態では、多くの場合、他の部分にも多発的に転移が見られます。ステージ4まで進行している状態です。

この場合の治療法は、放射線治療が一般的です。放射線を照射することで、痛みを緩和するとともに、骨折の予防もします。また、全身化学療法を行うことも、少なくありません。抗がん剤を使うことで、全身に効果を広げることができます。

→スキルス胃がんの初期症状の特徴!検査でも発見は難しい?

今回のまとめ

スキルス性胃がんは、初期症状が分かりづらい病気です。内視鏡検査でも、初期症状が確認されにくく、スキルス性胃がんと判明するきっかけが、腰痛というケースがあります。

腰痛は、尿管結石を疑わせる痛み方です。胃がんが腰の骨に転移したことによって、腰痛が生じます。多くは、他の部分にも多発的に転移が見られ、ステージ4まで進行した状態です。治療法は、放射線治療や全身化学療法です。

→胃がんの初期症状はげっぷ・下痢・嘔吐・食欲不振?手術をすれば問題無い?

スポンサーリンク

 - 胃がん


↓ ↓ ↓

自宅で簡単にがんの検査が出来るキットを見る


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事