腸の健康.net

小腸・大腸・胃についてのブログ

*

胃がんの全摘出手術をすると再発の心配はないのか?

   

《注目記事》自宅で簡単にがん検査が出来る方法


スポンサーリンク

胃がんの治療では、しばしば胃の全摘出が行われます。早期がんと診断されても、手術で胃を全摘出する場合があります。どのようなケースで、胃の全摘出は行われるのでしょうか?胃を全摘出すれば、再発の心配はないのでしょうか?

gan

胃の上部に発生した胃がんは全摘出になることが多い

胃がんの手術で、胃を全摘出するケースには、2通りあります。1つは、胃がんが進行していて、粘膜を越えている場合です。粘膜を越えていると、胃の全摘出が検討されます。

ステージ3以降の進行した胃がんはもとより、手術前にステージ2と診断されたケースでも、手術を始めて、予想以上に進行していたことが判明した場合は、全摘出に変更されることがあります。

もう1つは、がんが、胃の上部に発生していた場合です。胃の上部に発生した胃がんは、早期がんでも、胃の全摘出手術になることが、多いとされます。ちなみに、早期がんで、胃の下部付近に発生したがんは、胃の一部を残すことが、可能です。

スポンサーリンク

→胃がんの手術時間と社会復帰までの期間はどの位かかる?

胃を全摘出しても再発する可能性はある!多いのが腹膜再発

胃がんの再発で、よく見られるのが、「残胃がん」と呼ばれるものです。胃がんの手術で、胃の一部を残した場合、残った部分に胃がんができるのを、残胃がんと呼んでいます。残胃がんは、必ずしも前の胃がんと同じものではなく、新たに発生した、別のがんであるケースも、多いとされています。胃を全摘出した場合は、残胃がんの心配はありません。

ただし、胃の全摘出手術が適応されるのは、ステージでは、がんが進行して、粘膜を越えている場合です。胃壁をがんが突き抜けてしまっている状態が多くなり、大半のケースでリンパ節への転移が見られます。手術で胃を全摘出しても、リンパや血液を経由して、がんが体の他の部位に飛んでいることが、少なくありません。

特に多いのが、腹膜再発です。がん細胞が、すでに胃壁を突き抜けてお腹の中にこぼれ落ちていた場合、手術で胃を全摘出しても、がんがお腹の中で育ってしまいます。

腹膜再発は、特にスキルス胃がんなどの悪性度の高いがんでよく見られます。腹膜再発が起こると、腹水で気づかれるケースが多いと言われています。腹膜再発した胃がんは、ステージ4の末期がんと診断されます。

→胃がんステージ3Bの生存率!手術の方法や入院日数について

今回のまとめ

胃がんの手術で胃を全摘出するのは、胃の上部にがんができていた場合と、がんが粘膜を越えている場合です。胃の上部にがんができた場合は、早期がんでも胃の全摘出をすることが多いとされます。胃を全摘出すると、残胃がんの不安は無くなります。

ただし、がんが胃壁を突き抜けてしまっている場合は、胃を全摘出しても、再発の可能性はあります。特に胃がんで多いのが、腹膜再発です。

腹膜再発は、スキルス胃がんなどの悪性度の高いがんでよく見られます。腹膜再発した胃がんは、ステージ4の末期がんと診断されます。

→胃がんステージ4の余命は?抗がん剤や手術でどこまで回復する?

スポンサーリンク

 - 胃がん


↓ ↓ ↓

自宅で簡単にがんの検査が出来るキットを見る


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事