腸の健康.net

小腸・大腸・胃についてのブログ

*

盲腸手術後の癒着の痛みや症状!前兆や特徴はある?

   

《注目記事》自宅で簡単にがん検査が出来る方法


スポンサーリンク

盲腸の手術は、比較的簡単な手術という印象を持たれています。しかし、術後、不快な症状に悩まされる人が、稀ではありません。腸管癒着症です。盲腸手術後の癒着は、どのような症状が見られるのでしょうか?

mouchou

腹膜炎を起こしている虫垂炎の場合に癒着は起こりやすい

開腹手術の後は、癒着が起こり得ます。大腸は、お腹の中で、あまりしっかりと固定されていません。腹壁などに癒着して、くっつくことが多いとされます。開腹手術の中でも、盲腸の手術は、術後に癒着がしばしば起こります。

特に、腹膜炎を起こしている虫垂炎の場合に、癒着が起きる確率が、やや高くなると指摘されています。開腹手術を行わず、抗生物質を投与して治療をした場合にも、虫垂の周りに癒着が起きることがあります。

→盲腸(虫垂炎)は自然治癒は不可能 !初期治療は抗生剤で完治可能?

癒着が起きた時の代表的な症状は腹痛!精神的な症状が伴うケースもある

腸管が癒着した場合の代表的な症状は、腹痛です。痛いとはっきり自覚するまでもなく、不快感を感じたり、お腹が張っているような感じがする場合もあります。食欲が無くなったり、吐き気が生じることもあります。

消化器系の症状だけでなく、精神的な症状が現れる人もいます。不安な感覚に陥ったり、眠れなくなったり、全身がだるいといった症状を、引き起こすことがあります。精神的な症状が見られる場合は、癒着が酷くなくても、症状を強く感じる人がいます。その場合は、消化器外科での治療と並行して、心療内科での治療が必要になります。

また、急激に症状が酷くなった場合には、腸閉塞になっている可能性があります。腸が折れたり、捻れたりして、腸の内容物が詰まっている場合は、手術が行われます。

スポンサーリンク

→盲腸の手術跡を消す方法!傷は本当に消えるのか?

癒着の検査はCT検査や超音波検査では非常に困難!腹腔鏡を使って検査

癒着を疑わせる症状が見られたら、検査を行います。どれくらい癒着が起こっているのか?どこが癒着しているのか?腹腔内を直接見るしか、確認のしようがありません。CT検査や超音波検査では、癒着の状態を把握するのが、非常に困難です。

腹腔鏡を使っての検査が行われます。注腸X線検査によって、腸管の走行異常や、腸管が折れ曲がっていることなどが確認されて、腸管癒着症との診断が下ることもあります。

腸閉塞を引き起こしている場合は、手術が優先されます。それ以外では、絶食による輸液で、腸の通過障害の解消を試みます。手術をすると、手術が新たな癒着を生む原因となりうるためです。

→盲腸の再発期間!薬で散らした後どの位で手術?予防対策について

今回のまとめ

盲腸の手術の後で、腸管癒着症を発症する人は、稀ではありません。腸管癒着症の代表的な症状は、腹痛です。腹部に不快感を感じたり、お腹が張っているような感じがすることもあります。

消化器系の症状だけでなく、不安感や全身倦怠感、不眠などの精神的な症状を伴う人もいます。急激に症状が酷くなった場合には、腸閉塞の疑いがあります。

癒着がどれくらい起こっているのか、どこが癒着しているのかなどは、CT検査や超音波検査では、確認が非常に困難です。腹腔鏡を使っての検査が行われます。

→盲腸(虫垂炎)の退院後の食事!何を食べるのが良いのか?

スポンサーリンク

 - 盲腸(急性虫垂炎)


↓ ↓ ↓

自宅で簡単にがんの検査が出来るキットを見る


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事