腸の健康.net

小腸・大腸・胃についてのブログ

*

宮迫博之の胃がんに再発の恐れは?ステージによって再発しやすい?

   

《注目記事》自宅で簡単にがん検査が出来る方法


スポンサーリンク

医療保険「アフラック」のCMで、説得力のあるシーンを披露していると、評判になった、雨上がり決死隊の宮迫博之。

自らの胃がん治療の体験が、ブラウン管を通じて、視聴者に、強い印象を残しています。その宮迫博之が、胃がんと診断を受けて、間もなく4年。

再発の恐れは、ないのでしょうか?

igan

たまたま受けた人間ドックで、見つかる

宮迫博之の胃がんが見つかったのは、2012年11月のこと。

ダイエット後の体調不良から、6年ぶりに人間ドックを受けました。

後から思うと、8月から、食欲がなかったり、食べたいのに、お腹が減らないように感じていたという、宮迫博之。

AICS(アミノインデックスがんリスクスクリーニング)で、胃がんが見つかります。

スキルス性胃がんでした。

スキルス性胃がんは、胃の表面粘膜に異常が起きづらいのが、特徴です。

そのため、胃カメラでは、見つかりにくいとされています。

宮迫博之が受けたAICSとは、血液中のアミノ酸濃度を測定し、癌が発症しているかどうかを調べる検査方法です。

宮迫博之は、医師から「あと半年、発見が遅れていたら、命はなかった」と言われたそうです。

→大腸がんを患った芸能人一覧とその後

報じられたステージは、IA

報じられた、宮迫博之の胃がんのステージは、IA

初期の胃がんです。

12月7日に手術。

胃を3分の2摘出

当初の予定は、3分の1を切除するはずでしたが、スキルス性胃がんのため、大きく摘出したと言われています。

胃がんのIA期の5年生存率は、93.4%

ただし、スキルス性胃がんは、術後の再発率が高いとされています。

手術で癌を完全に切除できた症例でも、その70%は、2年以内に再発すると、言われています。

スポンサーリンク

→胃がんを患った芸能人一覧とその後

スキルス性胃がんは、転移が早い

初期に見つかりにくいスキルス性胃がん

スキルス性胃がんは、見つかった時は、癌がかなり進行していることが、多いと言われています。

たまたま受けた人間ドックで、初期の胃がんが見つかった、宮迫博之のようなケースは、少ないと言えます。

スキルス性胃がんのもう1つの特徴は、転移が早いということです。

スキルス性胃がんは、早い段階で、癌細胞が、散らばってしまいます。これを、腹膜播腫と言います。

腹膜播腫は、スキルス性胃がんの患者の、約50%に見られます。

スキルス性胃がんが発見された時点で、約60%の人に、腹膜への転移や広範囲のリンパ節への転移が認められます。

そのため、手術が難しく、化学療法を用いても、良い結果を得ることが困難なのが、実情です。

→竹原慎二の膀胱がんのステージは?完治したと見て間違いない?

今回のまとめ

宮迫博之が患った、スキルス性胃がん。

胃壁の中に染めこむように浸透していくため、胃カメラでは見つかりにくく、かなり進行した状態で発見されることが、少なくありません。

しかも、転移が早いのが、スキルス性胃がんの特徴

スキルス性胃がんの患者の約50%に、腹膜播腫が見られるとされています。

そのため、手術が難しく、術後の再発率が高いとされています。

手術で癌が完全に切除できても、その70%は、2年以内に再発すると、言われています。

→桂歌丸の病気「腸閉塞」の深刻度は?腸閉塞は完治するのか?

スポンサーリンク

 - 胃がん


↓ ↓ ↓

自宅で簡単にがんの検査が出来るキットを見る


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事