腸の健康.net

小腸・大腸・胃についてのブログ

*

子供の盲腸の手術費用!日帰りで終わる?

   

《注目記事》自宅で簡単にがん検査が出来る方法


スポンサーリンク

突然、襲う激しい腹痛。虫垂炎、俗に言う盲腸は、虫垂に化膿性の炎症が起こる病気です。

みぞおち付近に痛みを感じてから、腹痛が強まり、一旦は、治まったかと感じても、1~2時間後に痛みがぶり返し、経験したことがない痛みに襲われたら、盲腸の可能性が高いと言えます。盲腸は、10代の子供に多い病気と言われています。

子供の盲腸では、治療にどのくらいの費用と時間がかかるものでしょうか?

mouchou

盲腸の手術費用の目安は2万円

盲腸は、近年は、初期の段階なら、抗生物質の投与による治療が主流です。治療には、約1週間かかるとされています。抗生物質による治療では、10~20%の確率で再発する可能性があります。

盲腸は、自然に治癒することはなく、放置すると、腹膜炎になり、命にかかわる危険性があります。発症してからの経過時間、炎症の進行具合、穿孔の有無などを踏まえ、医師が手術を行うか、抗生物質の投与による治療にするかを判断します。

虫垂に膿が溜まっていたり、虫垂の組織が壊疽を起こしている場合は、手術が不可欠になります。子供の場合は、大人に比べると、白血球の数に大きな変化が見られず、虫垂の壁が未熟で、薄く、破裂しやすいため、症状が進行しやすいとされています。

手術には、開腹手術と腹腔鏡手術の2通りがあります。腹腔鏡を用いた手術は、お腹を開かず、小さな穴を開けて手術する方法です。傷口が小さく、入院期間が短くて済むというメリットがあります。

手術費用は、15~20万円。開腹手術は、お腹を4cmほど開きます。手術に要する時間は、約2時間。費用は、2万円くらいです。虫垂が破裂して、腹膜炎を併発していた場合は、さらに費用が高くなります。

スポンサーリンク

→盲腸をチェック!子供は発熱や食欲不振を起こす?

入院期間の目安は7日間

盲腸の手術は、開腹手術で約2時間と、比較的短時間で済みますが、手術後、絶食状態で点滴をして様子を観察しますので、入院が必要です。

入院期間の平均は、7日間。短い場合は、4日くらいで退院できることもありますが、腹膜炎を併発していた場合は、1ヶ月くらい掛かることもあります。入院に要する費用は、病院によってばらつきが大きく、平均としては、1日5000円ちょっと考えておくと、良いと言われています。

その他、検査に要する費用が16000円ほど。血液検査、音波検査、CTスキャン検査などがあります。

白血球数の変化、虫垂の壁の厚さなどで、診断が下ります。投薬、注射、処置、医学管理等も、保険適応になります。保険適応以外で必要になるのが、食事代です。それらをすべて合計して、最終的に支払うのは、7日間の入院とすると、3割負担で、11万円前後になります。

高額医療費助成制度を用いると、1ヶ月に80100円以上の医療費がかかった場合、80100円以上の医療費については、負担分が戻ってきます。高額医療費助成制度は、2年で時効になります。市区町村の役所の国民健康保険課に相談して、早めに申請をしましょう。

子供の場合は、こども医療費助成制度があります。助成対象や範囲は、都道府県や市区町村によって異なりますが、3割負担分の全額が助成対象となるケースもあります。

その場合は、食事代のみの支払いで済みます。子供の医療証の発行元に問い合わせましょう。

→盲腸の痛みの症状は右のどの場所に出る?左だとどんな病気?

今回のまとめ

盲腸は、手術時間が比較的短時間で済みますが、日帰りは無理で、平均して7日間ほどの入院が必要になります。手術に必要な費用は、開腹手術で2万円くらい。腹腔鏡手術の場合は、15~20万円かかります。

入院に要する費用は、目安として、1日5000円程度。3割負担で、11万円前後になります。

高額医療費助成制度やこども医療費助成制度が適応できるケースが多いので、市区町村の役所の国民健康保険課や、子供の医療証の発行元に問い合わせましょう。

→盲腸の初期症状はガスがたまった感じ?慢性的に痛みが現れたら手術が必要?

スポンサーリンク

 - 盲腸(急性虫垂炎)


↓ ↓ ↓

自宅で簡単にがんの検査が出来るキットを見る


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事