腸の健康.net

小腸・大腸・胃についてのブログ

*

潰瘍性大腸炎だと保険の加入は無理?手術後5年以降だと入れる?

      2017/11/16

《注目記事》自宅で簡単にがん検査が出来る方法


スポンサーリンク

持病があると、保険の加入は難しくなりますよね。潰瘍性大腸炎は指定難病とされているので、保険に入る事を諦めている人も、少なくないようです。

10年くらい前までは、たしかに、潰瘍性大腸炎を患っていると、保険の加入は無理でした。しかし、今日では、さまざまな条件で、可能性が広がっています。

hoken

がん保険は告知が緩やかな事が多い!一般の保険も症状が5年以上安定していると可能性がある

がん保険については、保険加入の際の告知が、緩やかな事が少なくありません。癌に罹った事があるか、医師から現在、入院を勧められていないかだけが、告知事項という会社もあります。

一般の保険に加入する場合は、過去5年間の病歴が重視されます。一般の保険に加入しようとすると、告知義務がある病気の中に、潰瘍性大腸炎は入っています。

保険に加入しようとする過去5年以内に、潰瘍性大腸炎で入院したり、手術を受けたりしていると、一般の保険に加入できる可能性は無くなりますが、手術後5年以上症状が安定していると、加入できる可能性があります。

→潰瘍性大腸炎の食事にヨーグルトが効果的な理由

保険に加入しようとする時は寛解期間にある事を保険会社に伝えよう

潰瘍性大腸炎は、炎症が再発する「再燃」と、症状が落ち着いている「寛解」を繰り返します。寛解の期間は、人によってまちまちです。5年以上寛解が続くケースも、稀ではありません。寛解が5年以上続いていたら、一般の保険に加入できる可能性があります。

寛解期間にある事を、保険会社にきちんと伝えましょう。いつ発症し、入院や手術がいつだったか、服用中の薬は何か、薬の量はどのくらいか、通院状態はどのようなものかなど、詳細に告知書に記載します。

場合によっては、検査結果を添付するのも良いでしょう。潰瘍性大腸炎という病名だけで判断されず、病状に合わせて、個別に対応してもらえる可能性が高くなります。

スポンサーリンク

→潰瘍性大腸炎の食事!コーヒーや紅茶等の飲み物を取ると下痢をする?

寛解期間が5年未満の場合は引受基準緩和型や無選択型という選択肢がある

寛解の期間が5年未満の場合は、一般の生命保険や医療保険に加入するのは難しくなります。潰瘍性大腸炎の手術を受けて3~4年しか経っていない場合、検討対象になるのは、引受基準緩和型の保険です。

引受基準緩和型の保険は、健康状態の審査や保険会社に報告しなければならない健康チェック項目の数が、一般の保険に比べると、少ないのが特徴です。保険料は、2割ほど高くなりますが、給付金に関するトラブルは、少ないようです。

潰瘍性大腸炎の手術を受けて1年くらいしか経っていない場合、検討対象になるのは、無選択型の保険です。無選択型保険は、健康状態のチェック項目がありません。潰瘍性大腸炎の手術を受けて日が浅い人も、加入は可能です。

ただし、加入できたから保険金が支払われるかというと、必ずしもそうではない場合があるので、注意が必要です。既往症がある場合の入院費は支払いの対象外だったり、手術を受ける場合は給付金が支払われない場合もあります。

→潰瘍性大腸炎の食事にヨーグルトが効果的な理由

保険加入で迷ったらプロに相談してみよう!保険販売窓口の比較をしているサービスがある

保険の保障内容は、年々変化しています。医療保険やがん保険については、サービスが多様化しています。全ての保険について、自分で保障内容を調べるのは、かなり難しいのが実情です。保険販売窓口の比較をしているサービスを利用しましょう。

全国の保険販売窓口の比較をし、経験歴5年以上のプロを厳選しているのが、「保険コネクト」です。相談は無料です。

潰瘍性大腸炎の寛解期間がどのくらいかによって、加入できる保険の種類は決まってきますが、同じタイプの保険で、どれが自分の予算に適しているかが分かります。「保険コネクト」のようなサービスを利用して、選択肢を増やしましょう。

→今すぐ保険コネクトに無料相談を申し込む

今回のまとめ

潰瘍性大腸炎を患っても、寛解の期間が5年以上続いていると、一般の保険に加入できる可能性があります。寛解の期間が5年未満の場合は、引受基準緩和型保険や無選択型保険が検討対象になります。

引受基準緩和型や無選択型は、保険料が高かったり、支払い対象に制限があったりするケースが少なくありません。

保障内容を事前にしっかり把握する事が大切です。保障内容によって選択肢を広げるには、「保険コネクト」のようなサービスを利用すると良いでしょう。

→潰瘍性大腸炎の原因と症状!発熱・関節痛・熱血便の治療法!

スポンサーリンク

 - 大腸炎


↓ ↓ ↓

自宅で簡単にがんの検査が出来るキットを見る


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事