腸の健康.net

小腸・大腸・胃についてのブログ

*

盲腸の痛みの症状は右のどの場所に出る?左だとどんな病気?

   

《注目記事》自宅で簡単にがん検査が出来る方法


スポンサーリンク

盲腸は、正式な病名を「急性虫垂炎」と言います。虫垂が、盲腸の隣にあることから、「盲腸」と、一般には呼ばれています。

日本人の15人に1人は罹ると言われる、ポピュラーな病気です。下腹部のズキズキした痛みが、主な症状。

では、痛むのは、右か左か?下腹部に鋭い痛みを感じて、盲腸を疑い、改めて、痛むのが右だったか左だったかと考える人は、少なくないようです。

mouchou

左が痛む場合もある

病名と一般的に理解されている「盲腸」は、自分から見て、おヘソの右下にあります。虫垂は、盲腸の奥に、垂れ下がるように存在しています。虫垂に炎症が生じると、右下腹部が痛むのが、普通です。

ただし、急性虫垂炎では、当初から、右下腹部が痛むわけではありません。最初は、みぞおちの辺りに痛みを感じます。その後、12~24時間くらいの間に、痛みは、下腹部に移動していきます。最終的に、右下腹部で、ズキズキと激しく痛みます。

盲腸の症状としては、下腹部の右が激しく痛むのが、普通ですが、左に痛みを感じた場合も、盲腸の可能性は、否定できません。内臓の痛みは、場所を特定するのが、医師でも難しいとされています。

痛いのが、実際には右なのに、左にも痛みを感じることは、稀ではないとされています。

実際に痛むのと異なる箇所にも痛みを感じることを、錯覚痛と言います。盲腸の症状も、錯覚痛を感じて、左の下腹部にも痛みを感じる場合があります

スポンサーリンク

→盲腸の初期症状はガスがたまった感じ?慢性的に痛みが現れたら手術が必要?

お腹の右側に痛みを伴う病気

お腹の痛みを伴う病気は、少なくありません。左が痛む病気として、知られるのが、尿管結石です。痛みの症状は、きわめて強く、冷や汗が出るほどの痛みです。

それほどの激痛ではなく、便秘や下痢を繰り返す場合は、過敏性腸症候群が疑われます。血便という症状を伴うようなら、大腸がんの症状も、疑われます。

お腹の右側に痛みを伴う病気としては、女性では、卵巣の炎症が、疑われます。卵巣に炎症が起こっていると、右下腹部が痛くなります。

お腹の右側でも、少し上の方が痛む場合は、胆石の可能性があります。胆石は、肝臓と十二指腸をつないでいる胆管に、石ができてしまう病気です。

日本人では、10人に1人が胆石を持っていると言われています。胆石も、盲腸同様、ポピュラーな病気です。みぞおち付近から、お腹の右側に強い痛みを伴う症状が似ていることから、胆石は、盲腸と間違われることがあります。

→小児急性虫垂炎の入院期間!看護で気をつけたい事

今回のまとめ

盲腸は、通常、右下腹部に痛みを感じる病気です。おヘソの穴と右側の腰骨を結んだ線を、3つに区切り、腰骨から3分の1の場所が、「マックパーネー点」と言って、盲腸の痛点です。

ただし、右が痛いのに、左にも痛みを感じるという錯覚痛というものがあります。盲腸の症状も、錯覚痛を感じて、左下腹部にも痛みを覚えることはあります。

ズキズキした痛みを下腹部に感じたら、左右を問わず、盲腸の可能性があると考えた方が、良いでしょう。

→急性虫垂炎の症状!術後は痛みを伴う?

スポンサーリンク

 - 盲腸(急性虫垂炎)


↓ ↓ ↓

自宅で簡単にがんの検査が出来るキットを見る


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事