腸の健康.net

小腸・大腸・胃についてのブログ

*

怖い絞扼性イレウスの原因!症状のサインを見逃すな!予防方法はコチラ!

   

《注目記事》自宅で簡単にがん検査が出来る方法


スポンサーリンク

緊急な手術が必要になる病気の1つに、絞扼性イレウスがあります。手術が間に合わないと、死亡することがある怖い病気です。原因は、何でしょうか?どのような症状が見られるのでしょうか?予防できるものでしょうか?

ileus

原因には先天性の消化器疾患と後天性の消化器疾患がある

イレウスとは、腸閉塞のことです。腸閉塞とは、腸の一部が狭くなることによって、腸内に入ってきた食べ物や水分、腸液、ガスなどが詰まってしまい、肛門の方へ流れていかなくなる病気です。

イレウスは、機能的イレウスと機械的イレウスに二分されます。絞扼性イレウスは、機械的イレウスの一種です。機械的イレウスは、物理的な障害によって閉塞が引き起こされます。単に閉塞が生じるだけでなく、ねじれが起き、ねじれが起きた部分に血液が流れなくなって、腸が壊死してしまうのが、絞扼性イレウスです。

閉塞を起こす物理的な障害の原因には、先天性の消化器疾患と後天性の消化器疾患があると考えられています。

先天性の消化器疾患としては、先天性小腸閉塞、先天性食道閉塞、先天性十二指腸閉塞などがあげられます。いずれも、閉塞や狭窄を伴う病気です。後天性の消化器疾患としては、壊死性腸炎、腸重積などがあげられます。

壊死性腸炎は、ミルクを飲み始めてしばらくした頃に発生することが多い病気です。腸重積は、生後半年から2歳頃までに発生することが多い病気です。

腸重積は、風邪などのウイルスがリンパ節に侵入して肥大化させ、小腸が大腸に入り込んでしまうために、閉塞が起こります。

特徴的な腹痛と強い異臭がある嘔吐

絞扼性イレウスの主な症状は、激しい腹痛、嘔吐、お腹の異常な膨らみ、顔面蒼白、冷や汗などです。心拍数が増加したり、発熱することも、あります。ショック状態になることも少なくありません。腸がねじれるためです。

腹痛は、激しい痛みと、痛みが和らぐことが、繰り返されるのが、特徴。痛みが和らぐことが周期的にあったら、絞扼性イレウスの疑いがあります。

嘔吐には、血が混じることがあります。また、胃液だけでなく、腸液や腸内のものが吐き出されるため、強い異臭があります。

スポンサーリンク

絞扼性イレウス5つの予防方法

絞扼性イレウスは、日々の生活習慣の改善によって、予防することも可能です。

1.排便の習慣をつけること。最も大切なことです。

2.消化に優しいものを食べること。ゴボウやサツマイモなど、不溶性で食物繊維が多いものは、あまり食べないようにすると、良いでしょう。

3.水分をしっかり摂ること。

4.適度に運動すること。血流を良くし、腸の運動をスムーズにします。

5.風邪などのウイルス性の病気に注意すること。2歳くらいまでの子供は、特に注意しましょう。

今回のまとめ

怖い絞扼性イレウス。原因は、先天性の消化器疾患と後天性の消化器疾患があります。後天性の消化器疾患の中で注意したいのが、腸重積です。

絞扼性イレウスの主な症状は、激しい腹痛と嘔吐。腹痛は、激しく痛むことと、痛みが和らぐことが、繰り返されるのが、特徴です。嘔吐は、強い異臭があり、血が混じることがあります。

予防方法としては、排便の習慣をつけ、消化に優しいものを食べ、水分をしっかり摂って、適度に運動すること。そして、風邪などのウイルス性の病気に注意することが、大切です。特に2歳くらいまでの子供は、注意が必要です。腸重積の原因になるからです。

スポンサーリンク

 - イレウス


↓ ↓ ↓

自宅で簡単にがんの検査が出来るキットを見る


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事