腸の健康.net

小腸・大腸・胃についてのブログ

*

大腸ポリープ切除後の食事!コーヒー牛乳アルコールは絶対厳禁?

   

《注目記事》自宅で簡単にがん検査が出来る方法


スポンサーリンク

大腸ポリープは、「がんの芽」と呼ばれます。ある程度以上の大きさになると、がんを含む可能性が高くなるためです。がんの発生を防ぐため、大腸ポリープは、ある程度以上の大きさになると、切除されます。

大腸ポリープ切除後の食事では、胃腸をいたわり、傷口から出血しないようにすることが、大切です。食べるものだけでなく、飲み物にも留意しましょう。

coffe

消化に時間がかかる牛乳はダメ

牛乳は、大腸ポリープ切除後の食事では、控えなくてはならない飲み物です。消化に時間がかかるためです。牛乳が完全に消化されるまでには、約12時間かかると言われています。ちなみに、水が、食道や胃を通過して、小腸で吸収されるまでにかかる時間は、約30分とされています。「牛乳は重たい」と言われるのは、このためです。

牛乳には、乳糖という糖分が含まれています。乳糖を分解するためには、ラクターゼという酵素が必要です。ラクターゼは、生まれたばかりの赤ちゃんはたくさん持っていますが、大人になると、次第に減っていきます。特に日本人は、欧米人に比べて、ラクターゼが少ないと言われています。

牛乳に含まれる乳糖を分解できない、乳糖不耐症に該当する人は、欧米人より東洋人に多いとされています。乳糖不耐症の人は、牛乳に含まれる糖質を消化する酵素が少ないため、牛乳を飲むと、下痢をしてしまいます。そのため、大腸ポリープ切除後は、牛乳を飲むのは控える必要があります。

スポンサーリンク

→大腸ポリープ切除後の食事メニュー!

血流を良くするアルコールやコーヒーはダメ

大腸ポリープ切除後の食事では、大腸の血行を促すことを避けることが、きわめて重要です。術後は、傷口から出血する可能性があるためです。

アルコールは、厳禁。大腸ポリープ切除後に引き起こされる出血の一番の原因は、飲酒です。アルコールを摂取すると、大腸の血管は拡張し、出血が起こりやすくなります。大腸ポリープを切除したら、1週間は、飲酒は、厳に慎みましょう。

コーヒーも、飲まないようにすることが、必要です。カフェインが多量に含まれているからです。カフェインは、交感神経に働きかける刺激物です。コーヒー1杯で、2時間程度、血流を良くしてしまうとされています。

ちなみに、100ccのコーヒーに含まれるカフェインは、40mgとされています。同量の紅茶に含まれるカフェインは50~60mg。玉露では、実に150mgものカフェインが含まれています。大腸ポリープ切除後の食事では、コーヒーはもとより、紅茶や緑茶も、飲むのを控えましょう。

→十二指腸ポリープの治療!切除したら確実に助かる?

今回のまとめ

大腸ポリープ切除後の食事では、飲み物にも気を配りましょう。消化に時間がかかり、体質によって下痢を引き起こすことがある、牛乳は、飲まないようにしましょう。

アルコールは、厳禁です。大腸の血行を促し、傷口から出血する可能性があるためです。コーヒーも、飲んだ後で、血流を良くする効果があるため、飲まないようにする必要があります。カフェインを多量に含む紅茶や緑茶も、大腸ポリープ切除後の食事では、控えるようにしましょう。

→悪性の十二指腸ポリープはどんな症状が出る?

スポンサーリンク

 - ポリープ


↓ ↓ ↓

自宅で簡単にがんの検査が出来るキットを見る


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事