腸の健康.net

小腸・大腸・胃についてのブログ

*

十二指腸潰瘍の検査入院期間と費用

      2017/11/20

《注目記事》自宅で簡単にがん検査が出来る方法


スポンサーリンク

十二指腸潰瘍は、昔と比べて治りやすい病気になりました。十二指腸潰瘍の治療というと、以前は、入院して、胃腸に負担をかけないような食事を摂り、できるだけ体を休めて自己回復を図るのが、主な方法でした。

近年、十二指腸潰瘍の治療方法は、格段に進歩しています。病気の原因として、ピロリ菌感染が深く関わっている事が明らかになったからです。

colon

十二指腸潰瘍の多くは通院で治す事ができる!ピロリ菌の除菌療法が発達したから

十二指腸潰瘍の患者の90%以上は、ピロリ菌に感染している事が、近年、明らかにされました。ピロリ菌は、尿素からアンモニアを作り出し、そのアンモニアが粘膜を傷つけます。

また、ピロリ菌に感染すると、有害な活性酸素が多く作られるようになります。アンモニアと活性酸素によって、粘膜が傷つきやすくなります。

ピロリ菌の除菌療法が発達し、薬を服用する事で、十二指腸潰瘍は比較的簡単に治せるようになりました。検査をして、ピロリ菌が原因ではない事が分かった場合も、プロトンポンプ阻害薬という、胃酸分泌を強力に抑えられる薬が登場しました。十二指腸潰瘍の多くは、今日、通院で治す事ができます。

→十二指腸潰瘍の3つの症状!ストレス以外の原因

十二指腸潰瘍で入院!タール便や吐血が見られたら入院すべき

十二指腸潰瘍の診断をするための検査も、より正確になり、早期発見の確率が高まっています。検査には、X線造影検査内視鏡検査の2つの方法があります。費用は、X線造影検査のみが保険適用でおよそ5,000円前後、内視鏡検査のみで8,000~10,000円程度です。

検査を受けず、十二指腸潰瘍が重症化した場合は、入院が必要になります。入院が必要なのは、潰瘍が深くなって、そこから出血しているケースです。

症状としては、黒っぽくてべったりとした、タール便と呼ばれる便が出ます。嘔吐して吐血する事もあります。十二指腸の壁に穴が開いている時にも、入院が必要です。

スポンサーリンク

→胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療は市販薬を飲むだけで治る?

入院の平均日数は17.5日!窓口支払い総額の目安は約17万円

十二指腸潰瘍での入院は、患者全体の約1%とされていますが、緊急手術が必要な場合を含め、重症化した場合は、入院した方が早く治るというデータもあります。入院期間中、規則正しい生活を送り、栄養管理の行き届いた食生活になるためです。

十二指腸潰瘍による入院期間は、保険会社の調査によると、平均17.5日。入院費用は、3割負担で1日あたり9,475円です。

窓口支払い総額の目安は、165,527円。高額療養費制度を適用した場合、自己負担額の目安は、一般的な所得で70歳未満の人の場合、82,947円です。

→胃潰瘍や十二指腸潰瘍は市販薬を飲むだけでさっくり治療ができる?

条件を満たせば労災認定もあり得る!手術が必要になったら医療保険の給付金の対象

十二指腸潰瘍の入院では、条件を満たせば、労災が認定される事もあります。長時間労働と十二指腸潰瘍の因果関係が明白で、医師の診断書が得られれば、申請すると労災認定が下りる事があります。労災が下りれば、自己負担額はほぼゼロになります。

近年は、十二指腸潰瘍による入院は、緊急手術が行われるケースが少なくありませんが、手術が必要な場合は、医療保険によって経済的な負担を軽減する事ができます。

十二指腸潰瘍手術は、医療保険の給付金の対象です。医療保険を選ぶ際は、保障内容をしっかり把握しておきましょう。「保険コネクト」を利用すると、全国の保険販売窓口の比較をして、最適な保険を提案してくれます。

→今すぐ保険コネクトに無料相談を申し込む

今回のまとめ

十二指腸潰瘍は、ピロリ菌の除菌療法が進歩して、治りやすい病気になりました。しかし、重症化した場合は、入院が必要です。

入院日数の平均は、17.5日。入院費用は、1日あたり9,475円。

窓口支払い総額の目安は、165,527円です。十二指腸潰瘍による入院は、緊急手術が行われる事が少なくありませんが、手術が必要な場合は、医療保険の給付金の対象です。「保険コネクト」のようなサービスを利用して、保障内容をしっかり把握しておきましょう。

→十二指腸潰瘍の痛みはチクチク!どの場所が痛むと十二指腸潰瘍の可能性?

スポンサーリンク

 - 十二指腸潰瘍


↓ ↓ ↓

自宅で簡単にがんの検査が出来るキットを見る


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事