腸の健康.net

小腸・大腸・胃についてのブログ

*

子供が胃腸炎の時食べてOKな物は?牛乳は飲んでも大丈夫?

   

《注目記事》自宅で簡単にがん検査が出来る方法


スポンサーリンク

胃腸炎で下痢をしていても、「ママ、ポテトがいい!」と泣き叫ぶ子供。子供が胃腸炎に罹った時、どんな物なら、食べさせて大丈夫でしょうか?牛乳は飲んでも大丈夫でしょうか?

milk

食事は3時間以上吐かなくなったら始めて良い!便の状態と相談して与える

胃腸炎に罹ったら、症状がなくなるまで絶食させる必要があるでしょうか?最近では、絶食期間が長すぎると、腸の細胞の回復は遅れると、指摘されています。食事開始は、早い方が、胃腸炎からの回復も早くなると言われています。

食事開始の目安は、3時間以上吐かなくなった時。最初は、水分が多いものにします。味噌汁やスープの具は食べず、汁だけを1~2口与えます。便が水分の多い状態なら、食事も水分中心。便が固形に近づいたら、食事も次第に固形物にします。

→胃腸炎の時の便!黄色・白色・緑とか色がおかしいとマズイの?

牛乳は胃腸炎の時は控えるのが無難!××が消化できないから

水分でも、胃腸炎の症状が出ている時に、避けたい物があります。牛乳とジュースです。リンゴは下痢に効果がありますが、市販のリンゴジュースは、要注意です。市販のリンゴジュースには、糖分が多量に含まれているためです。砂糖の糖分は、胃腸に刺激を与えます。胃腸炎の子供には、すりおろしリンゴを食べさせましょう。

牛乳は、乳糖や脂肪分を多く含みます。日本人の多くは、乳糖を消化できず、お腹の調子が悪くなる、乳糖不耐症です。牛乳は、胃腸炎の症状が治まってから、2~3日経った頃から、飲むのが無難です。

どうしても乳製品を摂りたい時は、ヨーグルトにしましょう。ヨーグルトは、乳糖を乳酸菌が分解しているので、お腹の不調は、起こりにくいとされています。

スポンサーリンク

→赤ちゃんや子供の胃腸炎が完治するまでの日数!絶対に気をつけるべき事とは?

オススメはお粥!お粥を食べてくれない子供にはパン粥もOK

胃腸炎の子供には、お粥がオススメです。お米は、有効な胃腸炎食です。水500㎖に対して、お米50gで炊いたのが五分粥、お米100gで炊いたのが全粥です。少し塩味をつけて、米粒がとろけるまで炊きます。塩味は、薄くします。塩分が濃すぎると、腸の負担になります。

お粥を、子供が食べたがらない時は、パン粥もOKです。パン粥は、離乳食にも使われ、ほんのり甘くて口当たりが優しい食べ物です。小さくちぎったパンと牛乳を、鍋に入れて、コトコト煮込みます。少量の砂糖を加えても、良いでしょう。

他には、人参スープや煮込みうどん、豆腐などが、胃腸炎の時にOKな食べ物です。1回量を普段の食事の半分程度に留め、1日5~6回食べさせるようにすると、腸の負担が少なくて済みます。

→胃腸炎による腹痛はいつまで続く?激痛を緩和する適切な対処法とは?

今回のまとめ

胃腸炎の子供に食べさせて大丈夫なのは、お粥です。ただし、お粥を食べたがらない子供は、意外と多いもの。そんな子供には、パン粥もOKです。

他には、人参スープや煮込みうどん、豆腐、すりおろしリンゴなどが、大丈夫な食べ物です。牛乳は、胃腸炎の症状が出なくなって、さらに2~3日経つまで、我慢するのが無難です。また、ジュースも、胃腸炎の時は、控えましょう。

→幼児・子供の胃腸炎!腹痛や熱の原因は?

スポンサーリンク

 - 胃腸炎


↓ ↓ ↓

自宅で簡単にがんの検査が出来るキットを見る


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事