腸の健康.net

小腸・大腸・胃についてのブログ

*

妊婦が胃腸炎になった時の対処法!病院には早急に行くべきなのか?

   

《注目記事》自宅で簡単にがん検査が出来る方法


スポンサーリンク

妊娠中に胃腸炎に罹ったら、「赤ちゃんに悪い影響があるのではないか?」と、心配になります。

胃腸炎は、お腹の中の赤ちゃんにもうつるのでしょうか?どのように対処したら、良いでしょうか?

ichouen

胃腸炎が直接赤ちゃんに悪影響を及ぼす事はない!影響があるのはママの××

胃腸炎が、ママからお腹の中の赤ちゃんに、うつる事はありません。ウイルスから出される毒素が、お腹の中の赤ちゃんに、悪影響を及ぼす事もありません。胃腸炎そのものが、お腹の中の赤ちゃんに、悪影響を及ぼす事はありません。

胃腸炎が赤ちゃんに影響を及ぼすのは、妊婦が脱水を起こす事です。水分は、胎児の貴重な栄養です。妊婦が脱水症状を起こすと、間接的に赤ちゃんに影響を及ぼす可能性があります。

→赤ちゃんが胃腸炎になったらお風呂は注意すべき理由とは?

妊婦が胃腸炎に罹ったら病院には早急に行くべき?産婦人科に行って良いのか?

妊娠中に病気に罹ると、産婦人科に行きたくなるのが、人情です。しかし、胃腸炎に罹った時、産婦人科は、控えるようにしましょう。

妊婦が集まるのが、産婦人科です。胃腸炎は、お腹の中の赤ちゃんにはうつりませんが、他の妊婦にはうつります。

集団感染への懸念から、産婦人科の中には、胃腸炎に罹った妊婦の受診を、断るケースもあります。病院に行くとしたら、胃腸科、内科、消化器科などにしましょう。ウイルス性胃腸炎は、特効薬がありません。受診を焦らないようにしましょう。

スポンサーリンク

→幼児・子供の胃腸炎から便秘を誘発する?その原因と対策!

妊娠中の胃腸炎の対処法!下痢止めは飲んでいいのか?

胃腸炎には、特効薬がありません。病院で処方されるのは、整腸剤です。ラックビーなどが、よく処方されます。下痢が治った後、便秘が続く事が多いため、整腸剤は、しばしば処方されます。

市販薬では、「新ビオフェルミンS」が適当です。

下痢が続いている時は、下痢止めを飲まない事が大切です。下痢は、体内のウイルスを排出しようとする動きです。

胃腸炎を治すには、嘔吐や下痢は、必要です。薬で嘔吐や下痢を無理に止めると、体内にウイルスが残り、回復が遅れます。

嘔吐や下痢が続くと、水分が大量に失われます。水分補給に努めましょう。胃腸炎の時は、1日2ℓを目安に、2~3倍に薄めたポカリスエットなどを、どんどん飲むようにしましょう。

下痢が治ってきたら、流動食を摂るようにします。

→胃腸炎の赤ちゃんの食事!パン粥がオススメな理由とは?

今回のまとめ

妊娠中に胃腸炎に罹ったら、病院は、胃腸科、内科、消化器科などにかかるようにしましょう。妊婦が集まる産婦人科は、控える事が大切です。

胃腸炎が、お腹の中の赤ちゃんに、直接悪影響を及ぼす事はありません。冷静に対処しましょう。下痢止めや吐き気止めは飲まず、水分補給に努めましょう。

水分は、赤ちゃんの貴重な栄養になります。下痢が治ってきたら、流動食を摂りましょう。

→胃腸炎の赤ちゃんの熱が下がらない!解熱剤は使ってOK?

スポンサーリンク

 - 胃腸炎


↓ ↓ ↓

自宅で簡単にがんの検査が出来るキットを見る


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事