腸の健康.net

小腸・大腸・胃についてのブログ

*

幼児・子供の胃腸炎から便秘を誘発する?その原因と対策!

   

《注目記事》自宅で簡単にがん検査が出来る方法


スポンサーリンク

子供は、しばしば便秘になります。食欲がないと思ったら、実は、便秘だったという事は、珍しくありません。便秘を誘発する原因の1つが、胃腸炎です。胃腸炎と便秘の関係性は、どうなっているのでしょうか?

benpi

下痢が治って食事が摂れるようになったのに出ない!便秘の方が長い⁉︎

胃腸炎の多くは、嘔吐と下痢を、主な症状としています。嘔吐から始まり、嘔吐が多少とも治りだした頃から、下痢が始まる。それが、よく見られるパターンです。

下痢は、短い場合で2日ほど、一般的には1週間くらい続きます。下痢がひどい間は、子供は食事が十分摂れません。食事が摂れるようになった頃から、気になるのが、お通じが無い事です。胃腸炎の後で、2週間ほども便秘に悩まされるという子供は、少なくありません。

→胃腸炎の赤ちゃんの食事!パン粥がオススメな理由とは?

腸内環境の悪化で腸内細菌がいなくなるのが原因!便の3分の1は×××だった

胃腸炎に罹ると、腸内環境は悪化します。腸内環境が著しく悪化すると、腸内細菌は、生きていけません。胃腸炎に罹ると、腸内細菌が全滅してしまう事もあります。腸内細菌が死滅してしまうと、排便コントロールができなくなります。

下痢がひどいと、腸内細菌は排出されます。通常、便の3分の1は、腸内細菌の死骸と言われています。繰り返される下痢によって、腸内細菌が出尽くしてしまうと、腸内には、便を作り出す元が、なくなります。便秘になります。

スポンサーリンク

→ウィルス性胃腸炎の潜伏期間は?赤ちゃんが胃腸炎になってしまったら?

便秘解消には腸内環境を整える事が大切!まずは整腸剤を飲もう

腸内細菌が、死滅して、排出され尽くしてしまう事が、胃腸炎の後の便秘を引き起こしています。胃腸炎に引き続き起こる便秘を、改善するには、腸内細菌を補う事が必要です。乳酸菌を補いましょう。

食事から摂取するなら、ヨーグルトや納豆がオススメです。ただし、食事から補う量では、便秘を改善する効果を、素早く実感する事は出来ません。

整腸剤を飲みましょう。整腸剤には、整腸作用をもたらす、乳酸菌や酪酸菌が含まれています。市販薬では、「新ビオフェルミンS」が、口コミで好評です。整腸剤を飲むと、早い人では、3日くらいで便秘は治ってきます。

→胃腸炎の赤ちゃんの熱が下がらない!解熱剤は使ってOK?

腸内細菌の活性化を図ると便秘解消効果は一層上がる!ほのかに甘いアレがオススメ

腸内細菌を補うだけでなく、補った腸内細菌が活性化されるようにすると、便秘解消効果は一層上がります。腸内の善玉菌を活性化する事で知られるのが、オリゴ糖です。オリゴ糖を摂取すると、腸内環境は整えられます。

一般的なオリゴ糖商品は、1種類だけで作られているので、活性化できる善玉菌の範囲も限られていますが、複数のオリゴ糖を組み合わせて、30種類以上の善玉菌を活性化できるように、工夫されているのが、「カイテキオリゴ」です。

「カイテキオリゴ」は、北海道のてん菜や牛乳といった、自然由来の素材から抽出したオリゴ糖食品なので、赤ちゃんにも安心して与える事ができます。甘さは砂糖の4分の1程度で、馴染みやすいほのかな甘さです。

今回のまとめ

便秘知らずだったという子供も、胃腸炎を患うと、食事が摂れるようになっても、便秘に悩まされるという事が、多く見られます。

胃腸炎に罹ると、腸内環境が著しく悪化して、腸内細菌が死滅します。下痢が繰り返され、腸内細菌は、出尽くしてしまいます。便は、通常、その3分の1が、腸内細菌の死骸と言われています。便の元が、胃腸炎の後はなくなり、便秘になります。

腸内環境を整えるために、まずは、整腸剤を飲みましょう。善玉菌を補うためです。整腸剤で補った善玉菌を活性化すると、便秘解消効果は、一層上がります。善玉菌を効率よく活性化するには、「カイテキオリゴ」がオススメです。

スポンサーリンク

→赤ちゃんが胃腸炎になったらお風呂は注意すべき理由とは?

 - 胃腸炎


↓ ↓ ↓

自宅で簡単にがんの検査が出来るキットを見る


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事