腸の健康.net

小腸・大腸・胃についてのブログ

*

赤ちゃんの胃腸炎!下痢の症状はいつまでのか?

   

《注目記事》自宅で簡単にがん検査が出来る方法


スポンサーリンク

赤ちゃんが胃腸炎に罹ったら、下痢の症状は、いつまで続くのでしょうか?胃腸炎による下痢は、どのように見分けると、良いのでしょうか?お世話をする際、何に注意する必要があるでしょうか?

ichouen

赤ちゃんの下痢!水様便がオムツからはみ出す

赤ちゃんは、下痢をしやすいものです。腸が未発達で、消化不良になりやすいためです。母乳育児の場合は、ウンチが柔らかくなる事が、多いとされています。

オムツから、便がはみ出すようなら、下痢と考えられます。赤ちゃんの下痢は、水分を多く含んだ、液状の便です。これは、食べ物が原因だったり、食物アレルギーを起こした場合の下痢でも、同様です。

→感染性胃腸炎は母親から赤ちゃんにうつる?対処法や予防法は?

胃腸炎による下痢はニオイがいつもと違う!色も違う事が多い

胃腸炎によって引き起こされる下痢は、食べ物や食物アレルギーが原因の場合と、違いがあります。便のニオイです。ノロウイルスやロタウイルスなどのウイルス性胃腸炎に罹った場合は、酸っぱいニオイがします。いつものウンチと、ニオイが違ったら、胃腸炎による下痢と考えられます。

また、ウイルス性胃腸炎では、便は白っぽくなる事が、少なくありません。ウイルスが腸で増えると、便の色の元になる色素を含む、胆汁が出にくくなるためです。約半数で、白っぽい便が見られます。

スポンサーリンク

→子供の病気の症状!胃腸炎とノロウイルスの違いは?

胃腸炎による下痢は嘔吐が先に現れる!下痢が始まったらちょっと安心⁉︎

胃腸炎では、嘔吐から始まります。嘔吐は、繰り返し起こります。胃が空っぽになると、徐々に嘔吐は、治まってきます。だいたい6~12時間で、嘔吐の多くは、自然に治まります。

嘔吐が治まってくる頃から、下痢がひどくなります。口から排出できなかったウイルスが、下痢という形で排出されます。下痢が、ひどくなると、吐き気はだいぶ楽になります。

→子供の胃腸炎の症状や潜伏期間!発熱・嘔吐・腰痛はどの位から現れる?

赤ちゃんの下痢は長引く事が多い!ミルクを飲めてたらオムツかぶれに注意

胃腸炎による下痢は、大人や大きい子供では、3日ほどで、落ち着いてきます。しかし、赤ちゃんでは、長引く事が多いのが、特徴です。赤ちゃんの場合、10~14日ほど、下痢が続くケースも、稀ではありません。

下痢が続いている間は、こまめに水分補給をさせます。母乳や湯冷ましを、1口ずつ、回数を多くして与えましょう。食欲が戻ってきて、下痢が続いている時期に、一番注意すべきは、オムツかぶれです。オムツ替えの度に、何度もこすると、お尻がかぶれてしまいます。お湯のシャワーで、洗ってあげると良いでしょう。

→ストレス性胃腸炎で発熱や関節痛が起こる理由!市販の風邪薬で体調は良くなるのか?

今回のまとめ

胃腸炎に罹ると、嘔吐に続いて下痢が始まります。酸っぱいニオイがする便なら、ウイルス性胃腸炎が疑われます。ウイルス性胃腸炎では、白っぽい便が出る事も、約半数で見られます。赤ちゃんは、下痢が長引く事が、少なくありません。

10~14日ほども、下痢が続くケースがあります。脱水症状を起こさないよう、水分補給をこまめにさせます。オムツかぶれにも、注意しましょう。

→子供の胃腸炎で熱や嘔吐が続くのは要注意!熱が下がらない理由は何?

スポンサーリンク

 - 胃腸炎


↓ ↓ ↓

自宅で簡単にがんの検査が出来るキットを見る


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事