腸の健康.net

小腸・大腸・胃についてのブログ

*

子供が夏に胃腸炎になる原因ベスト5とその対処法は?

   

《注目記事》自宅で簡単にがん検査が出来る方法


スポンサーリンク

胃腸炎は、夏にも発症します。夏の胃腸炎の方が、症状は重いことが多いとされます。子供が夏に胃腸炎になるのは、何が原因でしょうか?どのように対処したら、良いでしょうか?

 

ichouen

 

夏の胃腸炎!多いのは細菌性胃腸炎!症状は普通1週間くらい続く

夏の胃腸炎で多いのは、細菌性胃腸炎です。よく知られているのが、サルモネラ菌や腸炎ビブリオです。初秋から春先にかけて流行する、ノロウイルスやロタウイルスによる胃腸炎は、2~3日で症状が治まってくる事が多いとされます。

それに対して、サルモネラ菌や腸炎ビブリオなどの細菌に感染して、胃腸炎を起こした場合は、症状が1週間くらい続きます。夏の胃腸炎の方が、症状が重いことが多いのが、特徴です。

→ウィルス性胃腸炎は洗濯物からうつる?潜伏期間はどの位なのか?

夏の胃腸炎の原因ベスト5!生ものはアブナイ

1.生ものに細菌がついているため。サルモネラ菌は、生肉や卵の殻についています。腸炎ビブリオは、生の魚介類についています。また、O-157などの腸管出血性大腸菌は、野菜や果物にもつきます。

2.子供はウイルス性胃腸炎にも罹りやすいため。子供の場合、梅雨から夏にかけて、エンテロウイルスやアデノウイルスが原因の胃腸炎にも、罹りやすいとされています。

3.ウイルス性胃腸炎では、感染した人がきちんと手洗いしていないと、食べ物を触った時に汚染してしまうから。

4.夏バテによって免疫力が低下しているから。

5.冷たいものを食べる事が多く、胃腸が弱っているから。

スポンサーリンク

→胃腸炎の時買いたいコンビニの食事ベスト5!

夏の胃腸炎の4つの対処法!夏バテ防止と加熱調理が肝心

1.火をじっくり通した料理を食べること。細菌性胃腸炎の原因菌は、熱に弱いものが多いのが、特徴です。生ものは控え、加熱調理した料理を食べるようにしましょう。

2.帰宅したら、丁寧に手洗いして、うがいをすること。冬にはマスクをしている人も、夏にはマスクを外します。ウイルス性胃腸炎に罹った人の嘔吐物が乾燥すると、ウイルスは空中に浮遊します。そのウイルスを吸い込むと、感染します。

3.冷房はほどほどにして、入浴時には湯船に浸かること。夏は、意外と体が冷えています。体が冷えると、夏バテしやすくなります。体を温めましょう。

4.冷たい物を食べすぎたり、飲みすぎたりしないこと。冷たいものは、胃腸の働きを低下させてしまいます。ウイルス感染しやすくなります。

→妊婦の胃腸炎の原因と予防法!赤ちゃんに感染しない為の方法とは?

今回のまとめ

夏に多い胃腸炎は、細菌性胃腸炎です。ただし、子供の場合は、夏にもウイルス性胃腸炎に罹りやすいとされています。夏の胃腸炎は、生ものが原因になる事が多いのが、特徴です。

食材は、十分に加熱調理しましょう。また、夏バテで免疫力が低下しています。体や胃腸を冷やさないようにして、免疫力を高めましょう。

→胃腸炎時の子供の食事!バナナ・りんご・うどんは食べやすいのか?

スポンサーリンク

 - 胃腸炎


↓ ↓ ↓

自宅で簡単にがんの検査が出来るキットを見る


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事