腸の健康.net

小腸・大腸・胃についてのブログ

*

胃腸炎時の子供の食事!バナナ・りんご・うどんは食べやすいのか?

   

《注目記事》自宅で簡単にがん検査が出来る方法


スポンサーリンク

胃腸炎に罹った子供には、どんな食事を用意したら良いでしょうか?胃腸炎の症状でも、下痢の時は、食事の開始が早い方が、結果として、回復が早くなると言われています。主な症状ごとに、どんなものを与えると良いか、まとめてみます。

banana

主なウィルス性胃腸炎の症状!突然の嘔吐から始まって下痢に移る

胃腸炎の中でも、患者数が多いのが、ウィルス性胃腸炎です。ウィルス性胃腸炎で、感染者が多いのは、ノロウィルスロタウィルス。小児のウィルス性胃腸炎の多くは、ロタウィルスによるものと言われています。

ノロウィルスもロタウィルスも、感染すると、突然の嘔吐から始まります。嘔吐の症状が激しく現れるのは、発症してから5~6時間とされます。続いて、発熱。そして、下痢が始まります。

→ウィルス性胃腸炎は洗濯物からうつる?潜伏期間はどの位なのか?

嘔吐がひどい間は少量ずつ水分補給

嘔吐がひどい間は、子供の食欲もありません。脱水症状にならないよう、水分を少しずつ与えます。小さじ1杯から始め、10㎖ほどを10~20分間隔で与えます。1時間で50~60㎖飲めるようになったら、大丈夫です。

水分のみ補給していると、元気が無くなってきます。塩分が不足するためです。経口補水液が適当です。小児科医もオススメしているのが、OS-1です。なお、嘔吐が激しい間は、重湯は控えます。

スポンサーリンク

→子供の胃腸炎は大人にうつる可能性大!いつまでの期間注意が必要?

3時間以上吐かなくなったら重湯から始める

食事を子供に与えるのは、ひどい嘔吐が治まってからです。3時間以上吐かなくなったら、少しずつ食事を与えましょう。食事を与えると、一時的に下痢が悪化したように見えますが、食事開始は、早い方が、胃腸炎から早く回復すると言われています。

水状の便が出ている間は、水分をたっぷり含む食事にします。重湯、具のない味噌汁などが、適当です。ジュースは、胃腸の負担になります。砂糖が多く含まれているためです。

果物なら、りんご。それも、すりおろして与えましょう。すりおろしたりんごは、下痢に効果があります。

→胃潰瘍で胃を切除する事もある?悪化する前に予防する事できるのか?

食事は便の状態に合わせて選ぶ

胃腸炎の時の食事は、便の状態に合わせて選びましょう。水状を脱して、ドロドロの状態になったら、果物の裏ごしや野菜の煮つぶしなども、与える事ができます。

果物ではバナナ、野菜ではニンジンがオススメ。特に、ニンジンは、下痢に効果があるとされています。

便がもう少し形を成すようになったら、野菜の煮付けやおかゆ、柔らかく煮込んだうどんなどを与えましょう。特にオススメなのは、おかゆ。

お米は、最も有効な胃腸炎食と言われています。なお、ミルクは、胃の中では、固形物と同じ状態になります。下痢が長引く事があるので、下痢の間は与えない事が大切です。

→空腹時の胃の痛み!原因は胃潰瘍?他にも腰痛や頭痛もあるって本当?

今回のまとめ

胃腸炎に罹った子供には、3時間以上吐かなくなってから、食事は与えるようにします。下痢の状態に合わせて、食事は選ぶ事が大切です。最初は、重湯から始めます。

具のない味噌汁も、適当な食事です。その後、りんごのすりおろし、バナナの裏ごし、ニンジンの煮つぶしなどを与えると、良いでしょう。便が少し形を成してきたら、おかゆ、うどん、野菜の煮付けなどを食べさせましょう。

→胃潰瘍で大量吐血!?入院費用や入院期間はどの位?

スポンサーリンク

 - 胃腸炎


↓ ↓ ↓

自宅で簡単にがんの検査が出来るキットを見る


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事