腸の健康.net

小腸・大腸・胃についてのブログ

*

ウィルス性胃腸炎は洗濯物からうつる?潜伏期間はどの位なのか?

   

《注目記事》自宅で簡単にがん検査が出来る方法


スポンサーリンク

ウィルス性胃腸炎は、人にうつる恐れのある胃腸炎です。ウィルス性胃腸炎の中で、感染者が多いのは、ロタウィルスとノロウィルス。いずれも、11月から4月頃にかけて流行します。感染を防ぐには、どうしたら良いのでしょうか?

ichouen

ウィルス性胃腸炎は経口感染!嘔吐物の処理の際にうつる可能性がある

ロタウィルスやノロウィルスによる、ウィルス性胃腸炎は、経口感染が主になります。感染者の便や嘔吐物を処理する際に、ウィルスが口に入ると、うつる危険性があります。手袋やマスクを着用する事が、大切です。

注意したいのが、嘔吐物の処理です。嘔吐物が乾燥してしまうと、ウィルスが空気中に漂い、空気感染を起こす事があります。特に、ロタウィルスは、感染力が強く、わずか10個程度のウィルスがあれば、うつると言われています。床などに飛び散った嘔吐物を拭き取る際は、次亜塩素酸ナトリウムを使い、しっかり消毒します。

→子供の胃腸炎は大人にうつる可能性大!いつまでの期間注意が必要?

嘔吐物が服についたら100倍に薄めた漂白剤につけてから洗う

ロタウィルスやノロウィルスは、石けんや消毒用アルコールにも強いのが、特徴です。嘔吐物がついた服を洗う時には、必ず、塩素系漂白剤で消毒しましょう。塩素系漂白剤には、次亜塩素酸ナトリウムと表記してあります。次亜塩素酸ナトリウムで消毒しなければ、ウィルスは死滅しません。

適当な濃度は、100倍に薄めた状態とされています。500mLの水に、漂白剤は、ペットボトルのキャップ1杯。ペットボトルのキャップ1杯が5ccなので、ちょうど100倍になります。色落ちが心配な場合は、85℃以上の熱湯に、2分以上浸しても、良いとされています。消毒した物は、他の洗濯物とは別に洗いましょう。

スポンサーリンク

→胃潰瘍で胃を切除する事もある?悪化する前に予防する事できるのか?

感染率が高いのは症状が出てから!症状が良くなってもウィルスは排出されている

ウィルス性胃腸炎は、症状が出てからの感染率が、高くなります。ただし、潜伏期間中も、うつる可能性は、ゼロではありません。ロタウィルスに感染した場合も、ノロウィルスに感染した場合も、主な症状は、嘔吐から発熱、そして、下痢という経過をたどります。嘔吐や下痢は、体内に入り込んだウィルスを排出するための働きです。

潜伏期間は、ロタウィルスが24~72時間、ノロウィルスが24~48時間です。症状が治まるまでの期間は、ロタウィルスが3~7日程度、ノロウィルスが3日程度です。ただし、症状が良くなっても、残ったウィルスは、便の中にしばらく残ります。通常1週間程度。長ければ、1ヶ月程度、便の中に残っています。手洗いやマスクの着用を心がけましょう。

→空腹時の胃の痛み!原因は胃潰瘍?他にも腰痛や頭痛もあるって本当?

今回のまとめ

ウィルス性胃腸炎は、経口感染が主です。便や嘔吐物の処理の際に、ウィルスが口に入ると、二次感染を起こします。手袋やマスクを着用しましょう。嘔吐物がついた服を洗う際は、必ず、塩素系漂白剤で消毒します。

100倍に薄めた状態が、適当です。きちんと消毒しないと、ウィルスは死滅しません。洗濯物からうつる可能性があります。

→胃潰瘍で大量吐血!?入院費用や入院期間はどの位?

 - 胃腸炎


↓ ↓ ↓

自宅で簡単にがんの検査が出来るキットを見る


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事