腸の健康.net

小腸・大腸・胃についてのブログ

*

子供の胃腸炎は大人にうつる可能性大!いつまでの期間注意が必要?

   

《注目記事》自宅で簡単にがん検査が出来る方法


スポンサーリンク

初秋から春先にかけて、子供は胃腸炎によく罹ります。いわゆる「お腹の風邪」と呼ばれる、ウイルス性胃腸炎です。

ウイルス性胃腸炎は、感染力が非常に強いのが、特徴です。病気の子供を世話している大人にも、直ぐにうつるので、家庭内感染が問題になります。感染したら、いつまでの期間、注意が必要でしょうか?

ichouen

ウイルス性胃腸炎は急激な嘔吐や下痢から始まる!汚物処理の時の注意点はコレ

ウイルス性胃腸炎は、急激な嘔吐や下痢から始まります。真冬に流行するロタウイルスも、初秋から春先にかけて流行するノロウイルスも、嘔吐から始まり、下痢を繰り返します。幼児では、嘔吐の症状が、特に目立つ傾向があります。

吐いたものを処理する時、素手で行うと、大人にもうつるので、注意が必要です。ウイルス性胃腸炎は、接触感染が主です。嘔吐物や便から感染します。

使い捨ての手袋をして、汚物処理は行う事が必要です。掃除に使用した物は、捨てます。

→胃潰瘍で胃を切除する事もある?悪化する前に予防する事できるのか?

ノロウイルスの感染力はこんなに強い!意外なアソコもしっかり除菌

ロタウイルス感染症とノロウイルス感染症では、乳幼児に重たい症状が出やすいのは、ロタウイルス感染症と言われています。ロタウイルスに感染すると、発熱する事が少なくありません。

ノロウイルスの場合は、発熱や血便は、少ないとされます。

ただし、ノロウイルスは、家庭内感染が非常に起こりやすく、子供から大人まで、何度もうつるのが特徴です。ノロウイルスは、数十個ほどのウイルスでも、感染してしまいます。

接触感染が主ですが、飛沫感染、空気感染もあり、瞬く間に感染は広まります。トイレのドアノブから感染が広がったケースもあります。トイレでは、便座だけでなく、ドアノブも除菌シートで拭きましょう。

スポンサーリンク

→空腹時の胃の痛み!原因は胃潰瘍?他にも腰痛や頭痛もあるって本当?

症状が良くなっても自宅待機⁉︎完治の目安は1週間

嘔吐は、ロタウイルスに感染した時もノロウイルスに感染した時も、2日ほどで治ってきます。水様下痢は、ノロウイルスの場合は3~5日ほどで、ロタウイルスの場合は7日ほどで緩和します。嘔吐や水様下痢が治っても、ウイルスは、最低1週間は体内に残っています。

体内のウイルスは、便の中に残り、感染源になります。ウイルスが完全に排出されるまでは、二次感染が起きます。ウイルス性胃腸炎の完治のおおよその目安は、1週間とされています。症状が良くなっても、1週間は自宅で安静にしていましょう。

→胃潰瘍で大量吐血!?入院費用や入院期間はどの位?

今回のまとめ

子供に感染が多い、ウイルス性胃腸炎は、大人にもうつります。嘔吐物や便からの感染が、主です。汚物処理をする際は、必ず使い捨ての手袋をします。素手で行うと、すぐに感染してしまいます。

トイレでは、便座だけでなく、ドアノブもしっかり除菌しましょう。ウイルス性胃腸炎は、体内にウイルスが残っている間は、二次感染を引き起こします。嘔吐や下痢が治っても、最低1週間は、自宅で安静にしていましょう。

→胃潰瘍になると倦怠感やめまいが起こる理由!自分でもできる治し方や対処法は?

スポンサーリンク

 - 胃腸炎


↓ ↓ ↓

自宅で簡単にがんの検査が出来るキットを見る


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事