腸の健康.net

小腸・大腸・胃についてのブログ

*

出血性胃潰瘍の治療期間はどれくらい?最短で治す方法は?

   

《注目記事》自宅で簡単にがん検査が出来る方法


スポンサーリンク

胃潰瘍からの出血が疑われる状態が、出血性胃潰瘍です。出血性胃潰瘍が疑われた場合は、すぐに入院することが勧められます。出血による血圧低下が起こると、命の危険があるからです。入院による治療期間は、最短でどのくらいでしょうか?どのような治療が行われるのでしょうか?

ikaiyou

こんな症状が見られたら出血が疑われる!黒い便や貧血に注意

出血性胃潰瘍というと、吐血を連想する人が、少なくありません。しかし、そのような目立つ症状以外に、出血のサインは見られます。

1つは、便の色。便が黒くなっていたら、胃潰瘍から血が出続けている証拠です。もう1つは、貧血の症状。息切れや動悸などが見られるようになったら、貧血が進んでいる証です。出血性胃潰瘍を疑うのは、黒い便が出ていたり、貧血を伴っている場合です。

→胃潰瘍の症状をチェックする方法!胃がんとの関係性や相違点!

静脈路確保が先決!血圧を安定させてから胃カメラの検査

出血性胃潰瘍で入院した時、最も懸念されるのは、出血による血圧低下です。実際に血圧が下がっていない場合も、血圧低下が起こる可能性を考えて、最初に静脈路確保を行います。静脈路確保とは、点滴の準備をすること。いつでも点滴から静脈に薬を投与できるように、準備のための点滴をつなぎます。

静脈路が確保されたら、そこから胃薬を投与します。胃カメラの検査は、血圧が安定しているのを確認してから行われます。胃カメラは、血圧、脈拍、経皮的動脈血酸素飽和度などが安定していないと、行ってはいけないことになっています。血圧が安定していない場合は、輸血を行い、血圧を安定させます。

スポンサーリンク

→胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療は市販薬を飲むだけで治る?

胃カメラで検査しつつ止血!2回検査して止血を確認してから食事再開

血圧が安定したところで、胃カメラの検査が行われます。潰瘍からの出血が確認されたら、その場で止血が行われます。胃カメラの管の先から処置具を出して使い、止血をします。止血方法には3種類あります。出血している箇所を熱で焼いて固める、薬を注射する、クリップで挟むの3通りです。

止血の処置をしたら、翌日、もう一度胃カメラの検査をして、しっかりと止血されていることを確認します。2回目の検査で止血が確認されたら、食事を再開します。最初は、流動食。流動食を食べても、再出血を疑わせる症状が無ければ、三分粥に進みます。その後、五分粥、全粥、通常食へと、食事の形態が変わります。変更は、最短で2食ごと。通常は、1日ごとに行います。

通常食を食べても、腹痛や再出血がなく、飲み薬だけで状態が安定していれば、退院になります。また、血液検査を行い、ヘモグロビンの値を調べます。ヘモグロビンの値が10以上あることが、退院の目安です。入院による治療期間は、最短で10日ほどです。

→胆管炎と胃潰瘍と十二指腸潰瘍の違い!同時併発も稀にある

今回のまとめ

出血性胃潰瘍が疑わせる場合、すぐに入院することが勧められます。血圧低下が懸念されるためです。血圧が安定しているのを確認できたところで、胃カメラの検査が行われ、出血があれば、その場で止血のための処置がなされます。

胃カメラの検査をもう一度行い、止血を確認したら、食事が再開されます。入院による治療期間は、最短で10日ほどです。

→胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因!空腹時に起こる痛み!食事を取ると治る?

スポンサーリンク

 - 胃潰瘍


↓ ↓ ↓

自宅で簡単にがんの検査が出来るキットを見る


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事