腸の健康.net

小腸・大腸・胃についてのブログ

*

胃ポリープにも種類やステージがある?バリウム検査で一発で判明!?

      2017/11/28

《注目記事》自宅で簡単にがん検査が出来る方法


スポンサーリンク

バリウム検査で胃ポリープが見つかると、なんとなく不安になりますよね。説明に慣れていない医師だと、「ステージ1なので、心配いりませんよ」と言葉をかける事もあります。

「ステージ1」なら安心できないとして、別の病院で検査を受け直すというケースもあるようです。胃ポリープにも「ステージ」があるのでしょうか?

balium

実はステージじゃなかった!ポリープの生検で使われるべき言葉はグループ

ポリープは、胃の内側の突起物です。突起物が見つかると、生検を行います。癌かどうかを調べるのが目的です。生検では、細胞の悪性度は「グループ」という言葉で表されます。グループに加えられる数字は、分類であって、段階ではありません。

胃ポリープと診断されたものは、グループ3です。ちなみに、グループ1は、正常な細胞。グループ2は、ポリープかどうかの判断がつかない組織。グループ4は癌が疑われるもの。そして、癌と確定されるものが、グループ5です。

→胃ポリープが多発する原因!手術しても消える事はない?

胃ポリープでがん化の可能性があるのは過形成ポリープと胃腺腫

胃ポリープは全てグループ3ですが、その中には、がん化の可能性が高いものと、がん化の心配がほとんど無いものがあります。がん化の可能性がほとんど無いとされるのが、胃底腺ポリープです。胃底腺ポリープは、ピロリ菌感染のない健康な粘膜に出来る事が多いのが、特徴です。経過観察の必要も、あまり無いと言われています。

胃がんと同じような背景粘膜に出来るのが、過形成ポリープと胃腺腫です。過形成ポリープは、ピロリ菌が原因で、胃の粘膜が傷つく事で発症すると考えられています。

胃腺腫は、遺伝子の変化が起きています。

遺伝子の変化が起きていても、周囲を壊したり、転移をしていない状態です。がん化する事があります。癌に分化度が近いものは、内視鏡的切除を行います。過形成ポリープは、がん化率が1%程度です。内視鏡による経過観察を行い、大きさが1cmを超えるものは、切除を検討します。

スポンサーリンク

→悪性の胃ポリープの原因!切除費用や入院費はどの位?

バリウム検査でピロリ菌感染の有無を予測する事も可能!困るのが×××

バリウム検査では、ピロリ菌感染の有無を予測する事も可能と言われています。ピロリ菌に感染していない場合は、胃の壁がなめらかで、直線的に写って、造影剤が均一に付着しています。

ピロリ菌に感染していると、バリウムの付着が不良で、胃の鄒壁(すうへき)の幅が狭く、蛇行した形に写ります。

バリウム検査で困るのが、胃底腺ポリープです。フォローの必要もあまり無いとされるものの、バリウム検査を行うと、毎回引っかかります。主治医との相談が必要になります。

→胃がんの初期症状をチェック!みぞおちの痛みや口臭があると危険?

胃ポリープが見つかったらがん保険への加入は難しい!医療保険も加入できない事があり得る⁉︎

胃ポリープの中には、放置していると、がん化するものもあるため、保険加入に制限があります。がん保険への加入は、胃ポリープの治療中や経過観察中は難しくなります。

がん保険の代わりに、医療保険への加入を検討しましょう。医療保険については、部位不担保といって、一定期間の条件付きなら加入できる場合があります。

ただし、医療保険の中にも、加入を断られるものがあります。胃ポリープが見つかった場合、どの医療保険なら加入できるか、調べる際に役立つのが、「保険コネクト」です。全国の保険販売窓口の比較をしているサービスです。無料で相談できます。

→今すぐ保険コネクトに無料相談を申し込む

今回のまとめ

胃ポリープは、細胞の悪性度を表現する「グループ」で分類され、グループ3に分けられています。グループ3の中でも、がん化の可能性が高いものと低いものがあります。

がん化の可能性があるのが、過形成ポリープと胃腺腫です。癌が発生する事がほとんど無いとされるのが、胃底腺ポリープです。胃ポリープが見つかると、がん保険への加入は難しくなります。医療保険への加入を検討しましょう。

ただし、医療保険も加入を断られるものがあるため、「保険コネクト」のようなサービスを使って、十分に調べるようにしたいものです。

→直腸ポリープは良性でも治療すべき?ポリープになる原因は何?

スポンサーリンク

 - ポリープ


↓ ↓ ↓

自宅で簡単にがんの検査が出来るキットを見る


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事