腸の健康.net

小腸・大腸・胃についてのブログ

*

胃がんは食べ物で予防出来る?食事で気をつけたい事は?

      2017/10/30

《注目記事》自宅で簡単にがん検査が出来る方法


スポンサーリンク

胃がんの発生には、食習慣が関係しているとされています。胃がんの30%は、食べ物が原因とする見方も、公表されています。胃がんを予防するために、食事で気をつけたいのは、どのような事でしょうか?

igan

塩分を摂りすぎない!控えたい食べ物と好ましい減塩方法はコチラ

胃がんのリスクを高める生活習慣として、よく指摘されるのが、塩分の濃い食べ物を食べすぎる事です。塩分を摂りすぎると、胃粘膜を荒らします。塩分の濃い食べ物としては、ラーメン、加工食品、魚の練り物、練りウニ、魚の干物、イカの塩辛、塩こんぶ、漬物、味噌汁などが、あげられます。このような食べ物を、摂りすぎないようにしましょう。

塩分の摂取量は、1日10g以下に抑える事が大切です。ただし、塩分が不足しても、問題が生じます。塩分が不足すると、身体が冷えて、気力も衰えます。摂りすぎた塩分は、運動や入浴で汗を流すと、排泄されます。適度に塩分を摂取して、運動や入浴で汗を流し、余分な塩分を排泄しましょう。運動ができない場合に、塩分の摂取量を守るようにすると、無理のない減塩ができます。

→胃がんの兆候は体重減少や腰痛!予防や病気をチェックするには?

野菜や果物を毎日食べる!特にオススメの野菜や果物はコチラ

野菜や果物が不足すると、がんの抑制力の働きが、鈍る要因になります。毎日、野菜や果物を食べる人は、がんになるリスクが減少するという研究結果が、発表されています。野菜については、含まれているセレンに、抗酸化作用が高いことが、知られています。セレンには、がん細胞の発生を防ぐ働きが、あるとされています。

野菜の中で、注目したい食べ物が、ダイコンです。ダイコンの食物繊維のリグニンには、がん細胞の発生を抑制する効果があるとされています。果物では、りんごが、胃がん予防の効果が高いと言われています。りんごに含まれるプロシアニジンが、がん細胞の活性化を抑制します。りんごは、加熱すると、抗酸化作用が高まります。すりおろしリンゴを電子レンジでチンして食べましょう。

スポンサーリンク

→胃がんで吐血や下血!?ステージの進行具合について!

胃粘膜を荒らさない事が肝心!緑茶がオススメなのは×××に効くから

胃がんを予防するには、胃粘膜を荒らさない事が肝心です。塩分の濃い食べ物だけでなく、熱いものも、摂取を控えるようにしましょう。熱い食べ物も、胃粘膜を荒らします。

また、緑茶を積極的に飲むようにしましょう。緑茶を日常的に飲む人には、胃がんが少ないと言われています。緑茶には、ピロリ菌の殺菌作用があります。ピロリ菌は、胃がんの原因菌とも言われています。

→胃がんがリンパに転移!抗がん剤でどこまで治療ができる?

ピロリ菌対策には乳酸菌を積極的に摂ろう!多種類の乳酸菌が胃に届くのはコチラ



ピロリ菌に感染していると、感染していない場合に比べて、胃がんのリスクは、5~10倍になる事が報告されています。胃がんを予防するには、ピロリ菌対策が有効です。ピロリ菌は、乳酸菌に弱い事が知られています。乳酸菌を積極的に摂りましょう。

乳酸菌を摂取する際に、注意しなくてはならないのが、確実に胃の中に届ける事です。一般的な乳酸菌は、胃酸によって、ほとんどが死滅してしまいます。胃酸から乳酸菌を守る工夫がなされている、乳酸菌サプリがオススメです。そうした工夫がなされている乳酸菌サプリの中で、三大乳酸菌を含めて、16種類もの乳酸菌が配合されているのが、「乳酸菌革命」です。乳酸菌サプリも活用して、ピロリ菌対策をしましょう。

今回のまとめ

胃がんの発生には、食生活が深く関わっているとされます。食べ物だけで胃がんを完璧に予防する事はできませんが、胃がん予防に効果があるとされる、飲食物はあります。野菜、果物、緑茶です。胃粘膜を荒らさないようにして、ピロリ菌対策をしましょう。ピロリ菌対策には、乳酸菌が有効です。胃酸から乳酸菌を守る工夫をした、乳酸菌サプリがオススメです。

→胃がんとポリープの違い!ポリープ→癌になる?

スポンサーリンク

 - 胃がん


↓ ↓ ↓

自宅で簡単にがんの検査が出来るキットを見る


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事