腸の健康.net

小腸・大腸・胃についてのブログ

*

胃がんの兆候は体重減少や腰痛!予防や病気をチェックするには?

      2017/10/30

《注目記事》自宅で簡単にがん検査が出来る方法


スポンサーリンク

胃がんは、日本では、全消化器がんの約半数を占めています。男女とも、がんによる死亡原因の第2位が、胃がん。胃がんを予防するには、どうしたら良いでしょうか?胃がんの兆候は、どんな体調変化に見られるのでしょうか?

igan1

体重減少や腰痛は胃がんの兆候⁉︎進行胃がんの可能性が高い

体重減少は、胃がんが進行した段階で現れる症状です。摂取した栄養が、がん細胞の発育に取られることで、体重減少は起こります。胃がんに限らず、がんが進行すると、体が発するサインとして、体重減少が起こります。

胃がんの兆候を示す体のサインとしては、腰痛もあげられます。胃がんが腰の骨に転移した事で、腰痛が生じます。腰の骨への転移は、リンパ節・腹膜・肝臓に比べると、頻度は低いものの、時々見られます。腰の骨に転移した場合、痛みは強烈です。尿管結石を疑わせる痛みで、歩けないほどです。

→胃がんの人のお見舞い!人気の食べ物5選

胃がんは症状が現れない期間が長い!年に1回は検査を受けるのが望ましい

胃がんは、症状が現れない期間が、かなり長いとされています。最初に見られる自覚症状は、みぞおちの鈍い痛みです。痛みを感じやすいのは、空腹時と食後です。ただし、みぞおちの鈍痛は、他の胃の病気でも生じます。そのため、対応が遅れがちです。

胃がんは、現在では、早期に治療を開始すれば、ほぼ100%治るとされています。早期発見が、何よりも大切な予防法になります。年に1回は、胃がん検査を受けるのが、望ましいと言えます。

スポンサーリンク

→胃がんとポリープの違い!ポリープ→癌になる?

胃がんの原因の30%は食べ物!こんな食べ物が好きな人は検査を積極的に受けよう

胃がんの発生原因は、未だ解明中ですが、日本は、欧米に比べると、胃がんの発生率が高いとされています。食生活の欧米化に伴い、胃がんの発生率が減少傾向になっている事から、食習慣に関連があると考えられています。胃がんの原因の30%は、食べ物と言われています。

胃がんの危険因子としては、塩辛い食べ物、脂肪分が多い食べ物、熱すぎる食べ物、焦げた食べ物などの食べ過ぎがあげられています。また、飲酒や喫煙も、胃がんの環境要因とされています。特に、リスクを高めるとされているのが、喫煙です。タバコを吸う人は、吸わない人の2~3倍、胃がんのリスクが高いと言われています。こうした生活習慣がある人は、胃の検査を積極的に受けるようにしましょう。

→胃がんがリンパに転移!抗がん剤でどこまで治療ができる?

血液検査による胃がん検診なら自宅で簡単に受けられる

胃がんの検査というと、普通、思い浮かぶのは、胃カメラですが、胃カメラを受ける必要があるかどうかを判断する検査があります。血液中のペプシノゲン濃度を測定する検査です。ペプシノゲン濃度の測定は、胃がんのスクリーニング検査として有用である事が分かっています。ペプシノゲン濃度の測定は、「血液検査による胃がん検診」とも呼ばれています。

ペプシノゲン濃度の測定は、今では、自宅でも簡単に受ける事が出来ます。「ドクターアンドポストの郵送検診」では、簡単に自己採血できる道具を使って、胃がんの前段階である、胃の萎縮を見る検査をします。陽性が出たら、胃カメラによる精密検査を受ける事が勧められています。

→今すぐ自宅で胃がんの検診をするならコチラ

まとめ

日本人に多い胃がん。胃がんは、早期に治療をすれば、ほぼ100%治るとされています。ただし、自覚症状が現れにくく、症状が見られても、他の胃の病気と間違いやすいため、対応が遅れがちです。早期発見には、定期的に検査を受けるようにしましょう。

胃がんのスクリーニング検査として有用性が認められている、ペプシノゲン濃度の測定については、最近では、自宅でも検査を受けられるようになっています。そうしたサービスを利用して、胃がんの早期発見に努めましょう。

→胃がんで吐血や下血!?ステージの進行具合について!

スポンサーリンク

 - 胃がん


↓ ↓ ↓

自宅で簡単にがんの検査が出来るキットを見る


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事