腸の健康.net

小腸・大腸・胃についてのブログ

*

胃がんの人のお見舞い!人気の食べ物5選

      2017/02/21

《注目記事》自宅で簡単にがん検査が出来る方法


スポンサーリンク

胃がんで入院している人に、お見舞いを持参するとしたら、何が良いでしょうか?最近は、生花の持ち込みを控えてほしいという病院が、増えています。

花瓶を必要とする花は、細菌が繁殖しやすく、感染やアレルギーに配慮してのこととされます。食べ物をお見舞いに持っていくとしたら、何が良いでしょうか?人気の食べ物を5つ、ご紹介します。

uwaki

定番の果物のリンゴはちょっとした心遣いを添えて

お見舞いの定番、リンゴ。食物繊維が豊富で、腸の蠕動運動を促します。整腸作用もあり、術後の便秘解消に役立ちます。リンゴには、粘膜を保護する作用もあるため、胃がんの術後には、ふさわしい食べ物です。さわやかな酸味も感じられ、疲労回復に役立ちます。

入院中は、切ったり、皮をむいたりできないこともあります。ペティナイフがある場合に、持参すると良いでしょう。また、食べかけを冷蔵庫に保存する、ジップバックを添えると、喜ばれます。

→若年性胃がんの原因は食事とストレス?初期段階で気づくことは不可能?

キウイは皮むきを実演しても楽しい

食物繊維を豊富に含み、便秘解消に良い果物に、キウイがあります。常温保存でき、お見舞いに適しています。ミカンの約2倍のビタミンCが含まれ、疲労回復に効果的です。抗酸化作用のある、ビタミンAやビタミンEも多く含まれ、強い免疫効果があります。

半分に切って、スプーンで食べても大丈夫ですが、ちょっとした裏技で、簡単に皮をむくことができます。縦に半分に切ったら、コップの淵に当てて、なでるように下に降ろすだけ。談笑できる状態なら、実演しても楽しいでしょう。

→胃がんの初期症状は下痢!げっぷの頻度が多くなったら要注意?

手間いらずで食べられるバナナは冷蔵庫が無い時に役立つ

消化しやすく、エネルギーになりやすいバナナ。皮をむくのが簡単で、入院中の人に、負担をかけません。バナナは、常温保存が大切な果物です。12~13℃以下で保存すると、色が黒ずんで、品質が低下します。冷蔵庫が無い場合に、最適なお見舞いです。

スポンサーリンク

→胃がんの治療後に貧血になる原因!ビタミンB12摂取で回復する?

日持ちがする卵ボーロは詰め合わせで楽しく

卵ボーロは、栄養価が高いお菓子です。50gで180Kcal。胃がんの術後の間食に適しています。シンプルな原材料で作られているため、添加物の心配をあまりしなくて済みます。

カゴに詰め合わせたセットも売られています。日持ちがするのも、お見舞いに適しています。

→胃がんの症状!口臭・吐き気・背中の痛み!自覚症状がない理由は?

カステラは切ってあるもので負担を軽減

お見舞いに良いお菓子の定番が、カステラ。口当たりが良く、滋養があります。胃がんの術後の間食にオススメです。

食べやすいサイズに切ってあるものを、選びましょう。箱が邪魔になった時のために、ジップバックなどを添えると、重宝されます。

→関東での胃がんの名医とオススメの病院

今回のまとめ

入院している人にお見舞いとして選ぶ食べ物は、ある程度日持ちし、適量であることが、大切です。特に胃がんの術後は、消化しやすく、栄養価が高いものにします。病室には、果物の皮をむいたり、食べきれなかった分を保存したりするものが、用意されていないことが、少なくありません。そのような状況を踏まえて、品物を選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

→関西での胃がんの名医とオススメの病院

 - 胃がん


↓ ↓ ↓

自宅で簡単にがんの検査が出来るキットを見る


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事