腸の健康.net

小腸・大腸・胃についてのブログ

*

関西での胃がんの名医とオススメの病院

   

《注目記事》自宅で簡単にがん検査が出来る方法


スポンサーリンク

胃がんと診断されたら、名医に診てもらいたい。医師が選ぶ、胃がんと診断された時に診てもらいたい名医を、関西で選んでみました。勤務先の病院の五十音順に、5人、ご紹介します。

igan

大阪大学医学部附属病院の瀧口修治医師

大阪大学医学部附属病院は、大阪府吹田市山田丘にある病院です。瀧口修治医師は、胃がんの腹腔鏡下手術の名医として、知られています。ポリープや胃がんの腹腔鏡下手術は、近年、適応範囲が広がっています。以前は、第1群のリンパ節切除までしか行なえませんでしたが、最近は、第2群のリンパ節切除も、腹腔鏡下手術で行なわれます。それに際しては、高度な技術が要求されます。瀧口医師は、腹腔鏡下手術のスーパードクターとして、実力に定評があります。

→胃がんの腹水の症状!治療は可能なのか?

市立伊丹病院の平塚正弘医師

市立伊丹病院は、兵庫県伊丹市昆陽池にある病院です。平塚正弘医師は、がん治療の名医が、「自分が胃がんなら診てもらいたい」として、名医に推薦する医師です。胃がん手術のスペシャリストとして名高く、胃がんに関する手術は、縮小手術から超拡大手術まで、どのような術式でも的確にこなすと評判です。

→若年性胃がんの原因は食事とストレス?初期段階で気づくことは不可能?

市立堺病院の古河洋医師

市立堺病院は、大阪府堺市堺区南安井町にある病院です。古河洋医師は、院長。スキルス胃がんに対して、きわめて高い実績を誇る名医です。他院では、治療不可能と言われたスキルス胃がんでも、5年生存率を48%まで高める名医として、関西はもとより、全国から患者が訪れます。古河医師の手術成功例は、3500例に上ります。

スポンサーリンク

→胃がんの初期症状は下痢!げっぷの頻度が多くなったら要注意?

谷川記念病院の谷川允彦医師

谷川記念病院は、大阪府茨木市春日にある病院です。胃がんの開腹手術の名医として名高い谷川允彦医師が、平成23年に開院した病院です。谷川医師が執刀した胃がんの開腹手術は、2000例を超えています。その経験を活かして、内視鏡下手術を行っています。谷川記念病院では、土日も、胃カメラや大腸カメラ検診を実施しています。

→胃がんの治療後に貧血になる原因!ビタミンB12摂取で回復する?

兵庫医科大学病院の笹子三津留医師

兵庫医科大学病院は、兵庫県西宮市武庫川町にある病院です。笹子三津留医師は、胃がん治療の世界では、「最後の砦」とまで称されている名医です。胃がんと食道がんは、通算3000例以上も診ているスーパードクターです。手術数は、日本でトップクラス。確実な胃がん手術を行なう医師として、患者は関西のみならず、全国から訪れています。

→胃がんの症状!口臭・吐き気・背中の痛み!自覚症状がない理由は?

今回のまとめ

胃がんと診断されたら、ぜひ診てもらいたい名医を、関西で5人ご紹介しました。手術数が日本でトップクラスの医師、発見された時には手遅れになっていることが多い、スキルス胃がんの5年生存率を高める名医など、強みを発揮している領域は、それぞれ異なります。参考にしてください。

→関東での胃がんの名医とオススメの病院

スポンサーリンク

 - 胃がん


↓ ↓ ↓

自宅で簡単にがんの検査が出来るキットを見る


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事