腸の健康.net

小腸・大腸・胃についてのブログ

*

関東での胃がんの名医とオススメの病院

      2017/02/19

《注目記事》自宅で簡単にがん検査が出来る方法


スポンサーリンク

胃がんと分かった時、名医と呼ばれる医師に診てもらいたいと思うのは、人情です。特に、家族が胃がんと診断されたら、転院してでも、名医に診せたいと思うもの。胃がんの名医と呼ばれる医師と、関東でオススメの病院をご紹介します。なお、ご紹介する順番は、病院の五十音順です。

igan

NTT東日本関東病院の大圃研医師

NTT東日本関東病院は、東京都品川区東五反田にある病院です。胃がんでは、多くのメディアで取り上げられています。他の診療項目でも、高い評価を得ている病院です。大圃研医師は、内視鏡治療法の1つ、「ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)」の名医です。

→胃がんの症状!口臭・吐き気・背中の痛み!自覚症状がない理由は?

亀田総合病院の加納宣康医師

亀田総合病院は、千葉県鴨川市東町にある病院です。加納宣康医師は、日本を代表する消化器外科の1人で、特に内視鏡下術式について、世界的な権威と言われています。内視鏡治療は、現在、リンパ節への転移が起こっていない早期がんで、約半分は対応できるとされています。

加納医師は、開腹手術が1000症例以上、内視鏡下術式が800症例以上と、並外れた症例数を経験している名医です。他では、開腹手術しかないとされているケースでも、内視鏡治療で治しています。

→胃がんの治療後に貧血になる原因!ビタミンB12摂取で回復する?

国際医療福祉大学三田病院の北島政樹医師

国際医療福祉大学三田病院は、東京都港区三田にある病院です。同病院は、東京都がん診療連携拠点病院に指定されています。東京都がん診療連携拠点病院は、高度ながん治療を提供していて、国が指定するがん診療連携拠点病院と同等の診療を受けられる病院です。北島政樹医師は、王貞治の主治医として有名な医師です。

スポンサーリンク

→胃がんの初期症状は下痢!げっぷの頻度が多くなったら要注意?

聖マリアンナ医科大学病院の福永哲医師

聖マリアンナ医科大学病院は、神奈川県川崎市宮前区菅生にある病院です。福永哲医師は、特に、腹腔鏡下手術の症例数が豊富な医師です。少し古いデータになりますが、2006年度の胃がんの手術件数503件で、そのうち、167件が腹腔鏡下手術です。

腹腔鏡下手術は、以前は、第1群のリンパ節の切除まででしたが、現在では、第2群のリンパ節切除以上も可能となっています。とはいえ、きわめて高度な技術が要求されます。腹腔鏡下手術の症例数が豊富な福永医師は、胃がんの名医として、全国的に有名です。

→若年性胃がんの原因は食事とストレス?初期段階で気づくことは不可能?

虎の門病院の宇田川晴司医師

虎の門病院は、東京都港区虎ノ門にある病院です。食道がんや胃がんの治療に定評があります。胃がんの手術数は、全国21位。宇田川晴司医師らによる治療は、「徹底した説明と同意」を重視していると、関東で評判です。宇田川医師は、「虎の門病院の歩くコンピュータ」と呼ばれる名医です。患者に優しい医師と、スタッフの間でも評判です。

→胃がんの腹水の症状!治療は可能なのか?

今回のまとめ

胃がんの治療で、名医と呼ばれる医師と、関東でオススメの病院を、5つ、ご紹介しました。それぞれの医師が得意とする術式も異なります。参考にしてください。

→胃がんで腹水の症状!余命いくばくもないと思うべき?

スポンサーリンク

 - 胃がん


↓ ↓ ↓

自宅で簡単にがんの検査が出来るキットを見る


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事