腸の健康.net

小腸・大腸・胃についてのブログ

*

胃がんの症状!口臭・吐き気・背中の痛み!自覚症状がない理由は?

      2017/10/30

《注目記事》自宅で簡単にがん検査が出来る方法


スポンサーリンク

胃がんは、男性が9人に1人、女性が18人に1人の罹患率です。発症のピークは、男女ともに50~60歳。体力の衰えを感じだした頃に、発症する病気です。胃がんの症状は、どのようなものでしょうか?早期に治療を始められるよう、自覚症状を把握しておきましょう。

igan

口が臭かったら要注意!胃がんの場合はドブのような臭いがする

胃が荒れた状態が続くと、口が臭うようになります。胃がんは、口臭が酷くなる病気です。胃がんによる口臭は、胃に出来たがん細胞が壊死して、臭い成分を発生するのが、原因です。壊死したがん細胞の発する臭いが、胃がんの口臭です。

胃がんの口臭は、ドブのような臭いです。普通の口臭とは、違う臭いです。一般的な口臭は、卵が腐ったような臭いです。普通とは異なる、強烈な口臭がするようなら、胃がんの可能性があります。

→胃がんの治療後に貧血になる原因!ビタミンB12摂取で回復する?

吐き気が急に生じてドッと吐いてしまったら胃がんの可能性がある

ドブのような口臭がして、吐き気が生じたら、胃がんの可能性があります。胃がん患者の3分の1に、吐き気が見られるとされます。胃の出口付近に癌が出来ると、癌で出口が塞がれ、胃に入った食べ物が出て行く事ができなくなります。

出口が癌で塞がれた場合、食べ物は、口から逆流します。急に吐き気が生じて、ドッと吐いてしまいます。吐き気が急に生じる事、吐き気が生じた途端にドッと吐いてしまう事が、胃がんで見られる吐き気の特徴です。吐き気は、進行胃がんに見られる症状です。

スポンサーリンク

→胃がんの初期症状は下痢!げっぷの頻度が多くなったら要注意?

背中の左側が痛かったら膵臓に転移している可能性がある

口臭や吐き気は、日常生活でも、しばしば見られるため、特徴に気づかないと、放置される事が少なくありません。胃がんの発見が遅れる理由です。胃がんが進行した時、胃とは別の部位が痛む事があります。背中です。背中の左側が痛み、胃がんが見つかるという事もあります。

背中の左側が痛む時は、胃がんが膵臓に転移している可能性があります。膵臓に転移しているようだと、体重減少や全身のだるさが見られるようになります。便秘や下痢も、現れてきます。

→若年性胃がんの原因は食事とストレス?初期段階で気づくことは不可能?

口が臭ったら胃の検査を受けよう!自宅でも簡単に受けられる検査があった

胃がんは、自覚症状が乏しい病気です。初期の胃がんでは、半数以上の人に、自覚症状が見られません。早期に現れやすい症状は、みぞおち辺りの痛みです。

みぞおち辺りの痛みは、胃炎が慢性化して、萎縮性胃炎になった時にも、見られる症状です。萎縮性胃炎は、放置しておくと、胃がんに進行する可能性があります。

萎縮性胃炎でも、口は酷く臭います。萎縮性胃炎では、口臭は尿のような臭いがします。口が酷く臭ったら、とにかく胃の検査を受けましょう。胃がんの前段階である胃の萎縮を見るなら、内視鏡検査以外にも方法があります。血液中のペプシノゲン濃度を測定する検査です。

血液中のペプシノゲン濃度の測定は、「ドクターアンドポストの郵送検診」のようなサービスを使えば、自宅でも簡単に検査を受ける事ができます。その検査で陽性になったら、胃カメラによる精密検査を受けましょう。

→今すぐ自宅で胃がんの検診をするならコチラ

今回のまとめ

胃がんは、症状が乏しい病気です。初期の胃がんでは、半数以上の人に、自覚症状が見られません。自覚される初期の症状は、口臭や吐き気です。口臭は、胃がんの前段階である、胃の萎縮が生じている場合にも見られます。

口臭が酷かったら、胃の検査を受けましょう。胃がんのスクリーニング検査として使われているのが、血液中のペプシノゲン濃度を測定する検査です。ペプシノゲン濃度の測定は、「ドクターアンドポストの郵送検診」のようなサービスを使えば、自宅でも簡単に検査を受ける事ができます。

スポンサーリンク

→胃がんの腹水の症状!治療は可能なのか?

 - 胃がん


↓ ↓ ↓

自宅で簡単にがんの検査が出来るキットを見る


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事